永遠の命

4507.jpg
ナナカマドの木にヤドリギの赤ちゃんが産まれていました。
ナナカマドを食べにきたヒレンジャクやキレンジャクが
ヤドリギの種を落としていったのでしょうか。

プロペラのような肉厚な葉を持つヤドリギは
鳥がしたフンと共に木の幹に浸入していつの間にか
半寄生してしまいます。葉を落とした木々の中で
太陽を独り占めして光合成をし、花を咲かせ実を実らせて
また、鳥に食べてもらいどんどん仲間を増やしていく
根が無いのに生命力に溢れたエバーグリーンの植物です。

そんなヤドリギをクリスマスに飾るのは永遠の命を
望む人間の渇望なのでしょうか。

4508.jpg

アロマ館ソートフルへ