心の中の闇とアロマセラピー

4963.jpg
人間には無意識の中に自分でも分からない
宇宙大のプラスとマイナスの潜在意識を持つと心理学は
教えます。

真の成功者は自分のプラスの潜在意識と努力でそれを引き
出し犯罪者は自分のマイナスの潜在意識に翻弄されます。
しかし、育った環境も大切で自分を一個の人格として心から
愛し慈しんでくれた人がいたなら、更に人として良いこと悪い
ことを教えてもらったならいじめとか、弱い物いじめや虐待など
は人として余り気持ちの良い物ではなく、自分の感情のはけ口
としては使わないでしょう。

人としてと言いましたが野生の動物でも自分の子供を意味なく
虐待することはありませんし、意味なく殺すこともありません。
どうしたら人間は人間として他者をそれがたとえ自分の子供
だとしても一個の人間として生命を尊重してあげられるのでしょうか。

私は心理学のカウンセラーでもありますがこういう問題になるとアロマセ
ラピーのタッチセラピーの方が断然力を持つと臨床例から確信を持って
います。プラスの潜在意識は、脳が快の刺激を栄養として育っていきます。

アロマセラピーはお母さんの手のぬくもりのセラピーです。子供の頃悲しい事
や怖いことが合った時、お母さんが優しく受け入れてくれて「大丈夫だよ」と頭
をなでてくれたような記憶を思い出させてくれるからです。
その時に使う自分が決める自分が好きな精油も感情に働きかけ悲しい気持ち
を払拭したり怒りでイライラした感情を鎮めてくれます。
そうして、次第に自分のありのままを受け入れて未来に明るい希望を感じます。
そうなると、自分がすきになり、人をいじめたり陥れることなどは眼中になくなる
のです。

ストレス社会は力の弱い者に非常に不利です。
そうして、いじめはどんどん力の弱い者に向かって負の連鎖をしていきます。
気づいた人から負の連鎖を立ちきろうではありませんか。自分をありのままに
受け入れ自分の無限のプラスの潜在意識を身方につけてみてください。



アロマ館ソートフルへ